今ではお手軽にできるタトゥー除去|レーザー照射で劇的改善が可能

医師

消す人が増加しています

下半身

見えなくなります

近年、タトゥー除去を行う人が増加しています。その理由として、子供が生まれたため一緒に海やプール、温泉に行きたい人や人の目が気になる人などが増加したからです。日本ではタトゥーがある場合には温泉やプールなどの公共の施設は利用できないのが現状です。このためライフスタイルの変化によってタトゥー除去を希望する人が多くいるのです。タトゥー除去は大きさなどによっても違いがありますが、自身の皮膚の一部を移植して徐々に消す方法や切開する方法、レーザー治療などが代表的です。タトゥーの範囲が広範囲の場合には数回に分けて除去手術を行う必要があります。また、レーザー治療などは色素の沈着などによってうっすらと残るケースもあるのが特徴です。

完ぺきに修復は不可能

タトゥー除去を行うと、見た目のタトゥーはなくなりますがタトゥーを消すために覆った皮膚のふくらみや切開した手術痕はきれいにはなくならないのが現状です。またレーザー治療などではある程度薄くできますが、色素が肌の中に残ってしまう場合が多いため、うっすらと見えてしまう可能性もあります。このため、いずれにしても全く何もない肌に戻ることはできないことを予め知っておくことが大切になります。傷跡が残る点や術後のケアなどをしっかり知ったうえで、タトゥー除去に臨むことが大切です。また、信頼のおける医師や技術力の高い医師のいるクリニックで行うことが大切です。タトゥー除去にはさまざまなリスクがあることを踏まえて行うことをおすすめします。